2010/07/10.Sat

*女子旅宮城編 齋理屋敷 「『家を建てちゃった人集合 (^^)v』(41182)」

齋理

福島と宮城の境にある町、宮城県伊具郡丸森町

“レキジョ”の友人が連れて行ってくれたのは、

「丸森町蔵の郷土館 齋理屋敷」


齋理

ここは、江戸時代から昭和にかけて七代続いた豪商のお屋敷

代々の当主が“齋藤理助”を名乗ったことから
「齋理」と、呼ばれたそうです



齋理


幅広い商売で栄え、多くの財をなしたところ、
7代目のご主人が亡くなる前年の昭和61年に、
屋敷が町に寄贈されたことから、
郷土館として開館されたそうです


齋理

豪商の暮しを物語る豪華な調度品や、
道具など様々なものが展示してありました


展示物は、そんなに遠い昔のものだけではありません

祖母の家で見たことがある“炭?を入れて使うアイロン”とか、
足踏みミシンとか…
夫に実家にもある、長持とか…

特に、嫁入り道具や御祝儀のお膳や
その時のメニュー(とは言わないと思うけど…)は、
とても興味深く見てしまいました


こんな静かな山に囲まれた街に、
こんなに栄えたところがあったなんて、まったく知らなかった…



そして、美人で名高い7代目の奥さん
お出かけするときは、道の両側に見物の人が並んだそうです

いや~、本当にきれいな方です…

アルバムにたくさん一族の写真が残されていました



写真は、“齋理”で働いていた人のものもありました
使用人を大事にしていたという印象が大きかったです






齋理


おもしろかったのは、使用人が寝泊まりしていた部屋

番頭さんと呼ばれる若い男の子たちの部屋の壁には。。。
思春期の少年たちの、
イロイロな妄想のこもった…落書きがいっぱい

それが、なにげに見えるように隠されているのがおかしくて、
そこから先は、どこを見ても落書きを探してしまうワタシ達



齋理

洋風の新館もありました

家を建てるときに、
数え切れないほど住宅展示場などを見て回りましたが、
今でも、“家”“建物”を見るのが大好き





齋理



きれいなモノだけケースに入れて展示する博物館等だったら、
見たものの印象が残らない気がするのですが、
ここは、時間を忘れて見入ってしまいました


そこで生活していた人々が、身近に感じられるような気がして
なんか、連ドラの舞台にもなりそうじゃない?…
勝手にストーリーを妄想したり


友人が連れて来てくれなかったら、
自分ではこういうところを見つけられない…
感謝です

有名な観光地だけが、旅じゃないんだよね~









「撮影禁止」じゃなかったのもウレシイ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
↑クリックで応援してね♪
関連記事
女子旅 | Comments(12) | Trackback(0)
Comment
Re:*女子旅宮城編 齋理屋敷(07/07)
こんばんは~♪

豪商のお屋敷、素敵ですね。
洋館も素敵ですね~
たのしい旅だったのですね。
☆~♪
らくがき。
見たいわ~(笑)
うちの近くにもこういう建物がいくつか保存されています。
のんびりゆったり見て回るのが好きです^^
Re:*女子旅宮城編 齋理屋敷(07/07)
確かに~、こういうところで撮影できるのは嬉しいですね。
私も知らなければ自分からは行かないだろうけど、
こうやって見ていると楽しそうで興味がわいてきます。

道の両脇に人だかりが出来るほどの美人さんに合ってみたいですね。
齋藤理助で齋理って、昔から『キムタク』みたいに略してたんですかね~(笑)
Re:*女子旅宮城編 齋理屋敷(07/07)
書き忘れです~
応援(*^_^*)
紹介ありがとー!
へー!こういう所だったのか。
名前だけ知ってたけどこんなに見所あるなら行ってみたいです^^
なかなか面白いところに
お友達なかなかやりますねえ
すごいな確かにタイムスリップ感がありますね
これだけの豪商になろうとすると色々ご当地の歴史にも絡んだんでしょうねえ

>…落書きがいっぱい

「さ、さ、「齋理」の奥さん、すっきや~~~」
と、早速大阪弁でここにも落書きさせていただきました(^_^;)
Re[1]:*女子旅宮城編 齋理屋敷(07/07)
dreamroseさんへ

>豪商のお屋敷、素敵ですね。
>洋館も素敵ですね~
>たのしい旅だったのですね。

とても楽しかったです
行ったことのない街は、ワクワクします~(^◇^)
このような歴史好きにはたまらないところ、探したらきっともっとあるかな~(^.^)
Re:らくがき。(07/07)
kakkonさんへ

>見たいわ~(笑)

あははは~、いつの時代も、まったくオトコってやつは!!!(^◇^)
そんな感じでおもしろかったです

>うちの近くにもこういう建物がいくつか保存されています。
>のんびりゆったり見て回るのが好きです^^

そうなんですね~
いいですね~(^.^)
ワタシは、武家屋敷も好きなんですけど、
お武家さまの屋敷よりも、こちらの方が裕福に感じました~
Re[1]:*女子旅宮城編 齋理屋敷(07/07)
ぐーちゃん3965さんへ

>確かに~、こういうところで撮影できるのは嬉しいですね。
>私も知らなければ自分からは行かないだろうけど、
>こうやって見ていると楽しそうで興味がわいてきます。

興味がないと、行こうとは思わないかもしれませんよね
うちの家族は、全然歴史などに興味がないのでこういうところは家族でゆっくり見るのは無理なんですよ(笑)

>道の両脇に人だかりが出来るほどの美人さんに合ってみたいですね。

このひっそりとした街で、相当な話題だったんだろうと思います~
また写真の状態がとても良くてね~(修復されたのかな?)

>齋藤理助で齋理って、昔から『キムタク』みたいに略してたんですかね~(笑)

うわ!最高~(^◇^)ホントだぁ~
なんか、カッコイイって思えてきたよ(笑)
Re[1]:*女子旅宮城編 齋理屋敷(07/07)
ぐーちゃん3965さんへ

>書き忘れです~
>応援(*^_^*)

わざわざありがとうございます~(^◇^)
Re:紹介ありがとー!(07/07)
まる @^_^@)/さんへ

>へー!こういう所だったのか。
>名前だけ知ってたけどこんなに見所あるなら行ってみたいです^^

ご存じだったのですね~!
ワタシは、丸森町すら知らない町でして…(^_^;)
とても新鮮で楽しかったです
書ききれなかったけど、その商店街の当時のジオラマがあって、見学が終わって通りに出て見ると、ジオラマと同じようにお店が並んでいるんですよね
もちろん、建物は建て替えられているんですけど(^.^)
屋敷のとなりに、大きなお焼きやソフトクリーム・お茶などが楽しめるところもあります
お勧めです~(*^^)v
Re:なかなか面白いところに(07/07)
マトさん♪へ

>お友達なかなかやりますねえ

そうなんです~
とても勉強しているんですよ~!

>すごいな確かにタイムスリップ感がありますね
>これだけの豪商になろうとすると色々ご当地の歴史にも絡んだんでしょうねえ

そうみたいですね
興味深いものがありました

>>…落書きがいっぱい
>「さ、さ、「齋理」の奥さん、すっきや~~~」
>と、早速大阪弁でここにも落書きさせていただきました(^_^;)

あははは~~~、告白?もあったのかなぁ(笑)
シークレットな落書きは、ほとんど“絵”みたいですけど、見えるように隠してあるものと、どうしても見えないように隠されてあるものもあって(笑)、
見る方ももいろいろ妄想してしまいます!(^◇^)

管理者のみに表示